人気ブログランキング |
「太陽の子供たち」日本語訳(4) P130
満を持してオニュのDiaryです♡
オニュの文章もとても読みやすかった♪

d0153459_2234981.gif

P130
ONEW'S DIARY

ここ何年もの間、公演や活動のために
飛行機に乗って海外に出ていく仕事が多くなった。
パスポートをいっぱい埋めたスタンプを見て、旅行が好きな誰かは
"わー、うらやましい"と言うかもしれないけど、事実海外公演で行く日程は
なじみがないところの雰囲気を満喫するほどゆとりがない。
しかもすでに僕たちの存在が良く知られた国では
ホテルの外に気ままに出て行くことも容易いことではないため、
訪問したところの文化を体験してみる機会があまりなかった。
いつか誰かが僕に外国で食べてみた食べ物の中で
一番印象深いものが何だったかと尋ねるのに
"ルームサービス"と答えて、相手方をひっくり返らせてしまうようなことがあったほど。
今回の旅行が楽しかったこともそんな理由だからじゃないかな。
スペインの本当の文化を近くで感じてみることができたこと、
"スペイン・タイム"で遅い朝食と遅い夕食を食べて、夜遊びしてみたこと、
現地の人たちが利用する市場でみずみずしい果物と即席で作った
サンドウィッチを味わってみたことなど、こんな経験をすることができたということだけでも
この都市は十分に印象的だった。
その中でもKの友達のジョルディ家族を知るようになったことは
長い間忘れることのできない、ちょっと変わった経験だった。
4歳のカエルと2歳のナウリ兄弟を持つナタリアとジョルディ夫婦は
1日中いつでも時間があれば
子供たちと一緒に家の前の公園に散歩に行くのだ。
軽い身なりでただ歩く日は散歩で、
果物いくつかとサンドウィッチ1つもあれば散歩はピクニックになった。
公園の青い芝の上を裸足で思う存分遊ぶ子供たち、
不思議にも空間が広くなれば心配することがもっと多くなると思うけど
狭い家にいるときよりお母さん、お父さんの気持ちはよりのんびりして見えた。
僕たちと一緒だった日、
その日は僕たちのためにブランチまで準備した小さなピクニックだった。
まるでバルセロナの市民みたいに公園で
ジョルディの子供たちとかくれんぼもして、
歌も歌ってゆとりのある人生を満喫した。
あ、これはどのくらいぶりのゆとりだったのかなぁ。
その日のピクニックでは、男の子供5人が楽しく公園を走り回った!

d0153459_2234981.gif

あまりなじみのないスペイン語の名前がさらに韓国語になっているので、「ジョルディ」をはじめ、スペインの方の名前が合っているかは不明・・・。
とりあえず読めるままにしてみました。
一部、若干意訳してるところもありますが、いつも通り直訳がほとんどです。

それにしても、普段どれだけ忙しくしてるかが伺える内容ですね・・・。
オニュ、頑張れーー!!!
by beeswax_bee | 2012-02-28 20:01 | SHINee
<< お家でStarbucks Pu... 「太陽の子供たち」日本語訳(3... >>