コシウォンという選択。
1ヶ月間の滞在先。
それがまた悩むところでした。

友達(韓国人)は、「うちに泊まってください!」って言ってくれるのだけど、ご家族もいるし、1ヶ月もお世話になるのはさすがに気が引けてしまい、滞在先を自分で探してみることに。
しかし、今回行くのは、いつも旅行で行くソウル市ではなく京畿道。
えーと、日本で言えば埼玉とか千葉って感じでしょうか?東京の隣の県という訳です。

日本だとウィークリーマンションとかマンスリーマンションがありますよね。
そういうのないかな〜と思って探してたんですが、どうやら無さげ。(探せなかっただけかもだけど)
ホテルやレジデンスに泊まったらすごい値段になっちゃうし、どうしようと思っていたところにひらめいたのが「下宿」という案。留学生なんかが泊まる食事付きのあれです。
個室タイプもあるみたいだけど、人見知りだし、うーん、やっぱりもう少しプライベートが確保されたところがいいかも…と、うだうだしていたところ、「コシウォン(고시원)」という言葉が目に飛び込んできました。
調べてみると、1ヶ月単位くらいで借りられる超狭いワンルームらしい。4畳くらいの部屋にベッドとシャワー&トイレ、机がぎりぎり(というか無理矢理 笑)用意されている部屋とのこと。
それと共同キッチンがあって、そこにはご飯とキムチ、のりなんかが用意されていて好きなときに食べていいらしいし、ラーメン作ったりくらいはできるらしい。
部屋はめちゃくちゃ狭そうだけど、プライベートは確保されていそうだし、狭くても何でも個室内にトイレとシャワーがあるのもうれしい。よし、コシウォンの線で行こう!


その後は、コシウォン探し。
友達の家に比較的近い場所に良さそうなところを見つけたので、そのコシウォンのホームページに開設されている専用掲示板から価格の問い合せをして、とりあえず予約。
でも、最後の最後は友達にそのコシウォンに電話してもらって、ちゃんと予約できてるかを確認してもらっちゃったんだけど…(笑)
メールで「予約受付完了しました」とかそういうのが一切ないので、当日行って無事に入れるまで若干不安ではありますが…(笑)
でも、学校の先生に聞いてみたところ、コシウォンはいっぱいあるので心配しなくて大丈夫だそう。
ホームページを持っていないようなところが多いので、不動産屋に行けば紹介してもらえるし、空きがあればその日からすぐに入れるんだって。韓国人でも一人暮らしをしたい若い子はコシウォンに入る子も多いんだとか。なるほど、必要な家具も揃ってるから便利だよね。

ちなみに価格は1ヶ月で38万ウォンですのよ!!想像以上の安さにびっくり!!!
(ソウル市内だともう少し値段は上がるようです。相場は40万〜60万ウォンくらいらしい)
入ったら色々とカルチャーショッックを受けることもあるだろうけど、ある意味それも楽しみだったりします♪


というわけで、とりあえず滞在先は確保。
1人が続くと寂しいので、何度かは友達の家に泊めてもらう予定です(笑)
[PR]
by beeswax_bee | 2014-04-30 17:23 | 日記
<< 黄色いリボン。 1ヶ月間、何着よう? >>