人気ブログランキング |
<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Peach & Blueberry Crumble
7月のお料理教室で習ったデザート「Peach & Blueberry Crumble」の復習。
「生がおいしい桃を焼いてしまうなんてもったいない!」と密かに思っていたんだけど、ものすごく美味しかったので、すっかり気に入ってしまった1品。
復習と銘打ってますが、単に食べたくて作ったのです(笑)

桃って完熟だと種まで真っ二つに切れるというのを、この前のレッスンで初めて知った。
試しに包丁を入れてみたら、見事に真っ二つに切れました!
d0153459_0253719.jpg

つい、このまま食べてしまいたい気持ちを抑えて(S氏の不穏な視線も無視しつつ)、レモンジュース、バニラビーンズなどと混ぜて、ブルーベリー、オートミール入りのクランブルを乗せてオーブンへ。


焼いている間、桃とバニラの良い香りがふんわり♪
やっぱりお菓子を作るのっていいなぁ。香りだけでも幸せになれる。
d0153459_0302679.jpg

d0153459_0321738.jpg

軽く冷ましたら、生クリームを添えていただきます。

やっぱり美味しいなぁ♪
フルーツたっぷりだから、ヘルシーだし罪悪感も薄い(笑)
S氏も気に入った模様。

今回、冷凍庫にあった冷凍ブルーベリーを使ったんだけど、あまりきれいに色が出なかった。フレッシュのほうが、色はきれいに出るみたい。


なんだかここ最近、お菓子ばかり作っていて、日々のご飯作りは適当に済ませちゃってるんだよねぇ・・・。いかんなぁ。
by beeswax_bee | 2009-07-31 16:19 | お菓子作り
オレンジ&ココナッツパウンドケーキ(by コッツウォルズでティールーム)
ふらりと立ち寄った自由が丘のF&Fで、カリフォルニア産の有機オレンジを見つけたので、宮脇樹里さんの本に載っていた「オレンジ&ココナッツパウンドケーキ」を焼くことに。
ふふ。有機オレンジが手に入ったら絶対作ろうと思っていたのよね。

小麦粉はこの前イギリスで買ってきたTESCOのオーガニックのものを初使用。
(イギリスは小麦粉安い。これで1ポンドしないんだもん)
d0153459_23594251.jpg


レシピ通りに順調に作るも、卵白のあわ立てが不十分という、とても初歩的なミスを犯してしまった・・・・(汗)
ああ、なんてこと。

(カット断面の写真は撮り忘れ 汗)本来もっとふわふわした生地に仕上がるんだろうけど、みちっとした重めの生地になってしまった。
あまり全体的に膨らみもよくなかったし。
d0153459_09204.jpg


でも、ココナッツとオレンジの組み合わせはすごく気に入ったので、近いうち、またF&Fで有機オレンジを買ってきてリベンジしたいです・・・・。

実験台になってくれたいつものお二人さま、ありがとうございました♪

*******************************
memo:
・次回作るときは半量で。
・卵の量を減らしてみようかな・・・。
*******************************
by beeswax_bee | 2009-07-30 23:52 | お菓子作り
とりあえずチャレンジ
最近、また英語をちょっと頑張っている。
買ってから早2年近くが経とうとしている(オイ)、「Basic Grammar in Use」に本腰を入れて取り組み中。

この本、すっごくいい。
基礎がボロボロ、スカスカの私には最適すぎる内容。
「あ、これ苦手なんだよね」っていうところ(つか、半分以上そんな感じなんだけど 汗)を分かりやすく解説してくれて、「おお、こういうことだったのか!」って納得できるのが楽しくて、続けられています。(レベル低 笑)

でも、単にだらだら勉強しててもよくないと思って、ちょっとした目標をセット。
9月に人生初のTOEICを受けます!!!
(「TOEICなんて目標でもなんでもないじゃん」とか言わないように! 笑)

S氏にTOEICのことを言ったら、「きっと、相当できないと思うよ。ヒアリングとかスピード速いしねー」なんて言われたけど、めげませんっ。
とりあえず、目指せ400点!?
by beeswax_bee | 2009-07-30 23:17 | 日記
アメリカンキュイジーヌお料理教室(2009年7月)
前回の6月のレッスンは振り替えで6月の頭に行ってしまったので、かなり久々な感じのレッスンです。
今回は、向こうのカフェ的なメニューだそうで。

ココナッツライムアボカドスープ
ライムがきいた、冷たいスープ。ココナッツ好きにはたまらないお味。
アボカドが入っているけれど、重くないのもいい。
薄いグリーンでさわやかな見た目も夏向きですね。
d0153459_2222840.jpg


ベイクドリガトーニ w/ズッキーニ&トマト
トマトソースを絡めたリガトーニの上にズッキーニ、トマトを並べ、2種類のチーズをたっぷりと乗せて焼いたお料理。野菜がたっぷりでヘルシーです。
雰囲気的にものすごーくアメリカンなのがいい!
d0153459_2244273.jpg


スパイシーシュリンプケーキ
今回のメインは、こんがり美味しそうな色に揚がったシュリンプケーキ=えびかつ。
形もとってもきれいです。(私は成形チームにいませんでした 笑)
スウィートチリソースをつかったカクテルソースを添えます。
d0153459_23104766.jpg


マンゴー&アボカドサルサ、クミンキャロットサラダ
メインの付け合せ。マンゴーとアボカドのサルサなんて美味しくないわけがない♪
キャロットサラダは私もよく作るけど、やっぱり先生のは一味も二味も三味も違う!!!
(人参は担当した私が短く切りすぎました・・・・・・)
d0153459_2325214.jpg


すべてを盛り付けていただきます。
なんてボリューミーなんでしょう~♪
d0153459_2328331.jpg

シュリンプケーキは、えびがぷりぷり。野菜やハーブもたっぷり入っていて、風味豊か。
そこらのえびかつとは違う!
冷たいサルサと一緒に食べると、なお美味しい♪

キャロットサラダはクミンとシラントロが効いていて、一般的なキャロットラペとは違う、とてもエキゾチックなお味。これ、気に入りました!


ピーチ・ブルーベリークランブル
お楽しみのデザートはクランブル。
クランブルって一度作ってみたかったものなので、ちょうどよかった。
でも、桃を焼いちゃうのはもったいないな~と実は思っていたんだけど。(桃はフレッシュをそのまま食べるのが好き)
d0153459_23431991.jpg

これがものすごーーーーく美味しい!!!
火を通した桃は、とろっととろけるような食感。カリカリのクランブルとバニラの香りがアクセントになって、素晴らしく美味しい♪
うーん。火を通したフルーツも美味しいのねぇ。
d0153459_23432984.jpg


今回も大満足なレッスンでした。
しかし、久々に食べ過ぎたなぁ・・・。お腹破裂しそうです(笑)
by beeswax_bee | 2009-07-26 23:40 | レッスン
Eaton Mess
買っておいたパッションフルーツが3週間経ってようやく食べごろになったので、宮脇樹里さんのレシピでメレンゲパヴロヴァを焼いて、イギリスのごちゃ混ぜデザート、Eaton Messを作ってみた。
(メレンゲを砕いたものとベリー類、生クリームやアイスクリームなどをごちゃっと混ぜたものがEaton Messというデザートだそう。正確に知りたい方はこちら。 ←当然、私は読んでないけど 笑)
d0153459_2282435.jpg

本来はストロベリーなどのベリー類を使うらしいんだけど、こちらのブログで拝見してから、絶対パッションフルーツとルバーブで作りたいと思っていたの。書いてある通りマネして、ちょっとヨーグルトも入れてみました。
メレンゲがかなーーり甘いので、生クリームとヨーグルトにはお砂糖は入れずに。

これ、かなり美味しい♪
ヨーグルトを入れたからさっぱり感があるし、パッションフルーツとルバーブの酸味が甘いメレンゲと合う。
メレンゲはしゅわしゅわっとなくなってしまうところと、ネチっと歯にくっつくようなところがあっておもしろい。パッションフルーツの種のぷちぷち感も楽しい食感。

今回、ルバーブは手抜きでOGINOでいただいたジャムを使ってしまったけど、次回はちゃんとルバーブを煮て作ってみたい。そうしたら、もっと酸味があって美味しいんだろうな。
by beeswax_bee | 2009-07-26 22:00 | お菓子作り
Summer is back !!!
戻り梅雨でうんざりしていた1週間。
この週末は、ようやく夏らしいお天気になった。
暑すぎるのも大変だけど、やっぱり夏はこうじゃなくっちゃ。
d0153459_18305646.jpg

近所のお祭りで生ビール。最高です♪
by beeswax_bee | 2009-07-26 18:28 | 日記
深夜ステーキ
会社帰り、急に思い立って美容院へ。
でもって、家に着いたのは21時半・・・・。

普通、寄り道をするときは、前日の夜に前もって次の日の夕飯の準備を(少しでも)しておくんだけど、今日は急に寄り道してしまったので、まったく準備なし。
ちょっと疲れていたし、さすがに今から作るの嫌だな~(泣)と思ったんだけど、「来年もまたイギリスに行きたい=外食費を少しでも貯金に回そう」という思いから頑張って作った。(偉すぎる!)

こんな日は簡単メニューでもゴージャスにしちゃえば、手抜きもバレまい(笑)
というわけで、ステーキ。
d0153459_029229.jpg
(写真もテキトーだ・・・)
生活クラブで買っておいた「ほうきね牛」のランプステーキをささっと焼いて。
ずっと気になっていた「クレソン入りブルーチーズソース」を添えてみました。

このソース絶品!!
お肉は塩コショウだけの味付けでシンプルに食べるのが好きだけど、このソースはとても気に入りました~♪
ブルーチーズ(苦手)の臭みが心配だったけれど、レモンジュースが多めに入っているおかげでチーズの臭みは抑えられるし、濃厚ソースに爽やかさがプラスされて、とても美味しい♪
(実はソースの煮詰めが足りなくて、写真を撮った後、再度フライパンに戻して煮ました・・・・)

レシピは、たまにお邪魔させていただくこちらの方のものです。
美味しいレシピをありがとうございました♪


ちなみに、今回使ったブルーチーズはスティルトン。(イギリス好きですから♪)
ゴルゴンゾーラより臭くないし、塩気も抑え目。結構食べやすいかも。
by beeswax_bee | 2009-07-22 23:40 | 家ご飯
1年越し、アプリコットとリコッタチーズのタルト
去年の夏、エキサイトの「おいしい!」で拝見してからずっと作ってみたかった、こちらのアプリコットとリコッタチーズのタルト

1年越しの思いが叶って、ようやく作ることができました♪
d0153459_2140581.jpg

だって、フレッシュのアプリコットなんて、かなり時期が限られたものなので、8月に知った時点では既に東京では売ってなかったから・・・・。

とか言いつつ、反省点山盛りなんですが(汗)

何と言っても、焼き時間が足りない・・・・・・。
チーズのフィリングが焦げそうだったから、もういいかなと思ってオーブンから出しちゃったんだけど、アルミホイルを被せてもう少し焼くべきでした。
上に塗るゼリーももっとたっぷりでよかったね。

でも、お味はなかなか♪
タルト生地にレモンジュースが入っているので、さわやか。
元のレシピが良いおかげですね。

急に遊びに来た友達にも失敗作を食べてもらっちゃったけど、アプリコットが出回っているうちに、もう一度チャレンジしたいな~。
by beeswax_bee | 2009-07-20 19:20 | お菓子作り
リコッタ&スピナッチ・ラビオリ
休日にしては珍しく10時前に起き出して、半分寝ぼけた状態でパスタをこねる私・・・。
今日のランチはラビオリなのです!

フィリングは、SFで食べたのと同じリコッタチーズとスピナッチ。
ソースも同じくガーリックセージバターソースにチャレンジ。
でも、ソースには単にバターだけじゃなく、グラス・ド・ヴィアンドを追加。SFのあのイタリアンレストランのバターソースには、色から見てグラスが入っていただろうという推測から。
アメリカンのお料理教室の先生にも聞いてみたところ、北米ではグラスを使うことが多いからバターソースに入れるというのも十分有り得る、とのことでした。


ちょっと不恰好ですが、何とか完成!
d0153459_1943178.jpg

フィリング、美味しい♪
ソースもやっぱりグラスを入れて正解だった。SFの味に少ーし近いかも??
(少なくともLondonのキングスクロス駅内のイタリアンレストランのよりは断然美味しいです 笑)

が、残念なのはパスタ生地。ちょっと、いや、かなり厚いのよね~。
ま、麺棒を使って手で伸ばすには限界がありますので・・・・・・。(逃げ)
パスタマシーンが欲しいなぁ。

まだまだ改善すべき点がたくさんあるので、また近いうち作ってみないと。


*************************************************
<フィリングのメモ>
ほうれん草・・・・さっと茹でてしっかり水気を切る 60g
リコッタチーズ・・・・100g
塩、こしょう・・・・少々(塩はややしっかりめ)
ナツメグ・・・・一振り
溶き卵・・・・大さじ1ちょい

<注意点>
・グラスは最後に加えて、さっと温めるだけにすること
*************************************************
by beeswax_bee | 2009-07-19 15:27 | 家ご飯
Sicilian serdine and fennnel pasta(by Food Illustrated July 2009)
前々から気になっていて、先日初めて買ったイギリスの料理雑誌「Waitrose FOOD ILLUSTRATED」。
私の好きなフードライター、Alice Hartさんのレシピが載っているのです。(ELLE a tableの連載「Alice's Sweets Diary」のAliceさんです)
d0153459_0181615.jpg

July 2009号に載っていたAliceさんのレシピから、Sicilian serdine and fennnel pastaにチャレンジしてみることに。
d0153459_0183094.jpg

今まで一度も使ったことのない食材、フェンネル。
ナショナル麻布で長野産のフレッシュなものが売っていたので、それを使って。
袋を開けたとたん、すっごい香りにびっくり!
セロリとディルと何かを合わせて強くしたような香り。
こんな香りの強い野菜、食べられるかしら・・・・・(不安)
d0153459_0175720.jpg

全粒粉のスパゲッティ、オイルサーディンなど、これまた使ったことのない食材を使って、レシピ通りに作ってみる。


で、こちらが完成品。(注:焼きそばではありません! 笑)
全粒粉のパスタなので、茶色な仕上がり。(特に私が今回使ったパスタは、より茶色が強いものだったので)
フェンネルのほかに、オイルサーディン、松の実、キャラウェイシード、ガーリック、赤唐辛子、レーズンといった具材が入っています。
d0153459_0222529.jpg

このパスタ、普段食べなれていないものが多く入っていたけど、私的には好みな味。
全粒粉のパスタは、ちょっともさもさした食感なので、やや食べにくいけど、香ばしい小麦の味がしっかりあって美味しいと思う。
オイルサーディンは日本産のものを使ってみたのだけど、生臭さはなくて食べやすい。

そして、懸念していたフェンネル。
炒めてしまったせいか、まったくえぐみがない。セロリ好きな私としてみれば、結構好きな風味かも。
でも、たっぷり残っている葉の部分はどうすればいいのかしら・・・?(汗)
無駄なく使えるよう、使い道を調べてみなくちゃ。


今後、料理の勉強のために、買った料理本の料理は片っ端から作ってみることにした。
これはその第1弾。
せっかく買っても眺めてるだけじゃ何の得にもならないし、今できることは積極的にしていかないと、ということで。
この3連休中は特に出かける予定もないので、料理に専念したいと思います。
by beeswax_bee | 2009-07-18 21:11 | 家ご飯